動物介護士の資格について

犬と猫画像

動物介護士(またはペット介護士)とは、加齢をはじめ、事故や病気によって介護が必要となった動物を、専門家として世話をする職業を指します。

 

主な勤務先は、動物病院やペットクリニックが挙げられます。そこで、ドクターの介添えを行ったり、応急措置・健康管理・ペットの健康上の問題について、飼い主さんへ様々なアドバイスを行ったりします。

 

他にも、ペットホテルや、昨今ペットの高齢化に伴い各地に増加している老犬介護施設(老犬ホーム、デイケア)をはじめ、多忙や病気などでペットの世話ができない人の家に訪門し、給餌や排泄、散歩や遊び相手をするペットシッターとして活躍する人も増えています。

 

最短で資格を取得するには?

犬と人の画像

動物介護士の資格を最短で取得するのであれば、スクール(通信・通学講座)を受講する方法があります。

 

動物介護士に関連する代表的な資格は、日本ペット技能検定協会が認定する「小動物介護士」「小動物看護士」「ドッグシッター」、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する「動物介護士資格」「動物介護ホーム施設責任者資格」などが挙げられます。

 

いずれも、試験の受験資格として、それぞれの協会が指定するカリキュラムを修了することが条件になります。

 

資格は就職する際に有利に働く?

資格の種類がたくさんあるので、どれを取得しようか迷ってしまう人もいるかもしれませんが、動物介護士の資格は全て民間資格であり、資格の名称によって優劣があるというものではありません。

 

言ってしまえば、民間資格ですので、厳密には資格が無くても働くことができます。しかし、動物介護士を国家資格にしようという昨今の流れもそうですが、命に関わる仕事になりますので、資格があると就転職が有利に働くのは事実です。

 

現に首都圏では、動物病院や老犬介護施設の増加に伴い、採用条件に「有資格者」を掲げる施設が増えてきました。

 

これから資格の取得を検討中の方は、「どの資格を取得するか?」という視点ではなく、「自分が学びやすい講座はどれなのか?」といった視点でスクール選びをすることが大切です。

 

評判の良い講座はどれ?

動物介護士のキャプチャ

「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、講座を一覧で比較、まとめて資料を請求できるので便利です。動物介護士の資格は複数の団体で発行されており、学習スタイルや費用、就・転職サポートの有・無などが異なります。まずは資料を請求し、余裕があれば、スクールの説明会や体験授業に参加してみることをおすすめします。受講風景や、講師の雰囲気までチェックしたうえで申し込むことで、後々失敗する心配もなくなります。

 

ブラッシュアップ学びボタン

 

失敗しない!講座を選ぶ際のポイント

自分の生活に合った学び方を選ぶ

犬と女性がじゃれている画像

無理は長続きしません。出来るだけ現在のライフスタイルを変えなくても受講できるスクールを選びましょう。

 

動物介護士の講座には、「通学講座」「通信講座」があり、通学講座の中でも「夜間コース」「週末コース」「フリータイム制」などを採用しているスクールもあります。

 

他の仕事をしていて忙しい方や、子供が小さくて中々外に出れない方は、より自由度の高い学習スタイルを選ぶと良いでしょう。

 

目標を明確にする

資格取得後、動物病院や施設でバリバリと活躍したいのか、それとも週2〜3回勤務のバイトで良いのか、自宅のペットを介護するためのスキルを身に付けたいのか。目指すべき目標によって受講すべき講座は異なります。

 

就業まで考えるなら、短期間で「動物介護士」「動物介護ホーム責任者」資格のW取得を目指せる講座がありますし、待遇の良い就職先の斡旋に強いスクールもあります。

 

体験クラスや無料説明会に参加する

勉強画像

スクール選びに失敗しないためには、@なるだけ多くの講座資料を請求をして比較するAお気に入りのスクールを2つ3つピックアップするB体験クラスや説明会に参加する、そのステップを踏んだうえで、申し込み、受講スタート、という流れが良いと思います。

 

体験クラスや説明会に参加することで、受講の雰囲気や講師との相性も見極められますし、通信講座の場合でも、資料を取り寄せることで、実際に使用するテキスト等を把握できるのでより失敗は少なくなるでしょう。

 

卒業生の声や講師プロフィールを参考にする

資料には、ホームページには掲載されていない受講生の声や、現場で働く先輩の声、詳しい講師プロフィール等が豊富に掲載されていますので、スクール選びの際に役立ちます。

 

就職先の充実度は高いか確認する

通学講座はもちろん、最近では通信講座でも、講座修了後に就職サポートが付いているスクールが増えてきました。

 

履歴書の添削・面接指導・実技試験対策レッスン以外にも、大手のスクールには表には出ない非公開求人がたくさん集まってきます。また直営のクリニックや介護施設に優先的に斡旋して貰えるケースもあります。

 

資格取得後、ペット介護業界への就転職を検討している方は、最低限それぞれのスクールの「サポート有・無」と「就職率」は確認しておきましょう。

 

資料を一括請求してみる♪

ペット介護士資料

「ブラッシュアップ学び」を活用して、動物介護士の講座資料を、一括請求してみました。一括資料請求のメリットは、ネットで自分で調べる手間が無いこと、何度も送付先情報を入力しなくて済むこと、資料請求後に煩わしい営業電話が来ないことなどが挙げられます。

 

数日後、「ペットビジネス学院PAL」「総合学園ヒューマンアカデミー」「がくぶん」「日本ケンネルカレッジ」「ジャパンドッグアカデミー」「キャリアカレッジジャパン」合計6つのスクールから資料が送られてきました。

 

資料には、実際に講座で使用するテキストの見本や、講座修了後の進路情報、動物介護業界の動向やニーズといった情報が詳しく書かれており、資料をパラパラ見ているだけでも役立つ情報がたくさん載っていました。

 

既にスクール受講を決めている方はもちろん、まだ動物介護士になろうか、資格を取得しようか迷っている方も、一度資料を取り寄せてみて、中身をよく確認してみると新しい発見があり楽しいと思いますよ。

 

講座を検討するなら♪

動物介護士のキャプチャ

「ブラッシュアップ学び」は情報量1のスクール専門サイトです。動物介護士の資格は複数の団体で開講されており、料金は全てバラバラ、カリキュラム、サポート体制、受講形態、取得できる資格も異なります。申し込む前に必ず複数講座の資料を請求し、余裕がある方は気にいったスクールの体験授業や無料説明会に参加してみるのが良いでしょう。Webや紙面では確認できない授業の雰囲気や流れが体感できるので、後々失敗するリスクも少なくなりますよ。

 

ブラッシュアップ学びボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

当サイト「動物介護士/ペット介護士|最短で資格を取得するには?」では、ペットビジネスが盛り上がっている昨今、特に人気が上昇中の動物介護士を中心に取り上げ、資格の取得方法、仕事内容、おすすめの通信講座情報などを分かりやすくまとめています。動物介護士のスキルを学べる代表的なスクールをいくつか例に出すと、「小動物介護士」「小動物看護士」「ドッグシッター」の認定スクールである、ヒューマンアカデミーと東京ペットビジネス学院です。通学/通信講座が開講され、受講の修了と資格試験への合格によって、「小動物介護士」「小動物看護士」「ドッグシッター」の3つの資格が同時に取得できます。後者では、希望者にスクーリングを実施しています。一方、「動物介護士資格」「動物介護ホーム施設責任者資格」「動物看護師資格」の認定スクールは、通信講座のキャリアカレッジジャパンとなっています。全カリキュラムの修了後、すべての添削課題に正確に解答することによって、修了証が発行されます。その後、協会へのライセンス申請によって、「動物介護士資格」「動物介護ホーム施設責任者資格」の資格認定証が郵送される形です。通信・通学講座ともに最短で資格を取得するためには、約3ヶ月程度を目安に計画を立ててみてはいかがでしょうか。資格取得後は、希望者には無料で就職斡旋サポートを実施しているスクールもあるので、就転職を目標に勉強に取り組んでみるのも良いでしょう。

更新履歴