「動物介護士」と「動物看護師」の違いとは?

一見、同じ仕事?と思われがちな「動物介護士」と「動物看護師」の仕事。でも実際には大きな違いがあのです。

 

自分はどちらの仕事をしてゆきたいのかをしっかりと見極めてゆきましょう。

 

看護は「病院」で

この2つの職業の大きな違いの一つは、必要とされる場面でしょう。

 

看護師の場合、必要とされるのは、主に動物病院での臨床でしょう。来院した動物の対応、診察の準備、診察時の助手、入院中の世話、薬剤の管理と投薬、病院の施設の管理清掃などです。

 

飼い主さんからのヒアリングは主に獣医師本人が行い、治療に関する様々な判断も獣医師が行います。看護師は、獣医師の処置や手術がスムーズに進むように、与えられた指示を的確に理解し、行動することを求められます。

 

また、突発的な事象も多々発生しますから、迅速な対応と適切な判断も必要になる場合があります。

 

また、すべての飼い主が動物を大切に思い、家族同様に扱っているわけではありません。

 

時には、そのような飼い主の言動にショックを受けることもあるでしょうが、あくまでも、診察や処置をスムーズに行う事を最優先と捉える必要があります。

 

性格的には、几帳面で、冷静な方が向いているといえるでしょう。

 

介護は「家庭」で

介護士に求められるものは、「家庭」でのケアのお手伝いです。

 

痴呆症になり昼夜逆転の生活になってしまった。ヘルニアの治療後、長期のリハビリが必要になった。高齢のペットが家にいるので、留守中の世話を代行して欲しい、寝たきりになったものの、被毛が伸びてしまったので自宅でトリミングをしてほしいなどの要望があった場合、動物病院やトリミングショップでは対応をしてもらえません。

 

だからこそ、介護士の存在が重要なのです。

 

家族の代わりにペットの世話をする、病気から快復したり、長期のリハビリを無事に終えた時、家族と一緒に一喜一憂することが出来る。家族に介護の方法を指導し、負担を軽減できるように手を貸すことが介護士に求められているのです。

 

似ているようでことなる2つの職業。どちらが自分に向いていますか。