ペット関連資格にはどんなものがある?

ペット関連の仕事に就きたいと考えておられる方であれば、ペットに関わることが出来る資格を出来るだけたくさん取得し、ペットについての知識をつけたいと考える方が多いと思います。

 

一言でペット関連の資格と言っても、実はとても様々な資格があるということをご存知でしょうか。

 

これらの資格には民間資格もあれば、国家資格もあります。

 

では、具体的にはどのような資格があるのでしょうか。

 

ペット関連資格って、どんなものがあるの?

ペットに関する資格には、民間資格と国家資格があります。

 

まずは、民間資格から見ていきたいと思います。

 

民間資格
トリマー資格

ペットの健康管理、ヘアカット、爪きり、シャンプーなどを行います。

 

様々な団体が認定するトリマー資格があります。

 

それぞれによって養成機関で学んで取得するものから、独学で取得できるものまで幅広くあります。

 

ペットシッター資格

お客様の自宅に訪問し、ペットをお世話していきます。

 

こちらも様々な団体が認定しているペットシッターとしての資格が存在しています。

 

通学講座などで取得できるものもあり、実技研修などが用意されているものも多くあります。

 

ドッグセラピスト資格

主に犬に対し、マッサージなどの癒しを提供していきます。

 

通信教育などで取得することが可能となっている資格です。

 

癒しだけではなく、病気の痛みを緩和するという意味も持つ資格となっています。

 

ペット介護士資格

高齢で介護が必要なペットに対し、介護を提供していきます。

 

通信講座やスクールなどで取得することが出来る資格です。

 

ペット達の寿命が延びるにつれ、人間同様介護が必要となるペット達が増えています。

 

そんなペット達の生活のお手伝いをするのが、ペット介護士となります。

 

動物看護師資格

怪我をしたペット達の看護や、手術などの介助を行います。

 

それ以外にも、受付や電話対応、清掃、カルテ管理などなど、様々な仕事内容があります。

 

動物看護師の資格は民間資格ではあるのですが、今後は国家資格となっていく予想もたてられています。

 

盲導犬訓練士資格

視覚障がい者の方のパートナーである盲導犬を訓練します。

 

盲導犬は人の命に関わる大切な役目を持っていますので、その盲導犬を訓練するためには高い技術と専門的な知識が求められる仕事となります。

 

国家資格
獣医師

様々な動物達に対して、病気や怪我の治療を行っていきます。

 

ペット達の命を救う仕事として、とても責任のある仕事と言えます。

 

獣医師の国家資格は業務独占資格となっていますので、獣医師の資格を持たない方が診察や治療を業務とすることは禁じられています。

 

このように、ペット関連の資格と言っても、様々なものがあるのです。

 

民間資格の中には、ここではご紹介していないような資格もありますので、さらに数は多くなります。

 

自分がどのようにペット達と関わっていきたいのかという部分を考えつつ、資格取得を目指すようにしてくださいね。