キャリアカレッジジャパン『動物介護士&介護ホーム施設責任者講座』の特徴とは?

様々な動物介護士の資格取得講座の中でも、少し変わった講座があります。それが、キャリアカレッジジャパンの「動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座」です。

 

こちらの講座では、動物介護士の資格取得と併せて、介護ホーム施設責任者の資格取得も目指すことが出来ます。

 

この他にも特徴がありますので、以下にご説明します。

 

活躍の幅が広がる2つの資格

動物介護士の資格取得を目指しつつ、近年需要が高まっている老犬・老猫ホームなどの、介護ホーム施設責任者の資格取得も目指すことが出来るという点は、大きな特徴と言えます。

 

人間同様、ペットの高齢化が進む中、看取りを行ったり、ペットの介護を行うということは、いくら愛情があっても飼い主さんだけでは不可能なこともあります。

 

そこで需要が高まっている介護ホームの開業が行える、介護ホーム施設責任者の資格取得が目指せるということは、自分自身のスキルアップを目指すことにも繋がり、自信にも繋がります。

 

動物介護用品などの知識も!

動物介護は何も人だけで行うことではありません。人間に車椅子や杖などが使用されるように、ペット達にも介護用品というものが存在するのです。

 

こちらの講座では、介護パンツや歩行補助ハーネスなどの使い方など、介護用品に関する専門的知識なども習得することが可能です。自分自身にはもちろん、ペット達の飼い主さんへのアドバイスなども可能となり、仕事の幅が広がります。

 

また、介護が必要なペット達に対して、よりよい介護サービスを提供することが出来る様になるのも、大変嬉しい事です。

 

スクーリング研修制度

講座を修了した受講生限定で、介護方法や、介護用品の使い方などを講師に直接指導していただけるスクーリング研修制度というものがあります。

 

少人数制での実施が行われている為、一人一人に技術が身につきやすく、質問などもしやすい環境となっています。

 

実際に講師から直接学ぶことが出来るため、働いてからすぐに活かすことが出来るというメリットもあります。

 

開業サポート

業界大手の「老犬介護ドットコム」との提携によって、有料で開業サポートが行われています。

 

施設開業に携わってきたプロスタッフによって、必要な設備や知識などを指導していただけます。未経験でも開業が行えるように、実践を交えた研修制度などがあり、開業への道を開くことが可能です。

 

現場で経験を積んでから開業したいという方のために、動物介護施設でボランティアが行えるというサポートもあります。