動物介護士|仕事の需要はどれくらいある?

その名の通り、動物達の介護を行う動物介護士は、今とても注目を集めています。

 

この動物介護士として働きたいという夢を持っておられる方も多い中、気になるのは仕事の需要についてです。

 

需要がなくては供給が出来ませんし、いくら動物介護士として働きたくても成り立ちません。

 

そこで、動物介護士の仕事の需要について考えてみたいと思います。

 

動物介護士は今まさに必要とされている仕事です

人間の高齢化はどんどん進み、今日本は超高齢社会となっています。

 

あと十年もしないうちに、介護士不足はますます深刻になっていくとされている中、対応が急がれています。

 

そんな中、ペットをはじめとする動物達の中でも、とても長生きしてくれるペット達が増えているのです。

 

今までのように、お味噌汁などの人間のご飯の残りを食べるという食事ではなく、今は栄養バランスを考えたフードなどが主流となっています。

 

ペット達も人間同様、年老いていくと介護が必要となるのです。

 

今までは自分で出来ていた排泄や食事なども、今までは自分で好きなように歩けていた散歩も、だんだん難しくなっていきます。

 

人間同様、介護が必要となっても、そのペットらしく生活してくことが出来るよう支援していくのが、動物介護士です。

 

ペット達の老後の幸せを考えるという意味でも、動物介護士は今とても必要とされている仕事です。

 

まだまだ新しい資格でもある

動物介護士は、まだまだ新しい資格でもありますので、認知度も低めかもしれません。

 

ですが、介護が必要となっているペット達のお世話を行うにあたり、やはり専門的知識や技術というのは必要となるものです。

 

そんな中で、老犬ホーム、犬・猫のデイサービスなどのようなサービスが少しずつ充実しはじめています。

 

介護専門のペットシッターの派遣会社なども出来ていることから、今後かなりの需要が見込めると思われます。

 

動物介護士として活躍し、介護が必要なペット達の力になることが出来るというのは、とても素晴らしいことだと思います。

 

長生きしてほしいからこそ、今までどおりの生活を送ってほしいからこそ、このようなサービスを求める方も増えていくことでしょう。