「ドッグヘルパー・プライマリーライセンス」とは?

ドッグヘルパー・プライマリーライセンスとは、一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定する資格です。

 

資格は、ペットに対する日常的な健康管理・栄養摂取・歯を健康に保つためのケア方法、一般的な病気の知識、突発的な事故への対処方法などを会得したと認められる人に与えられます。

 

同協会の指定校である日本ケンネルカレッジの通信講座「ドッグヘルパー講座」を受講し、すべてのカリキュラムを修了することによって、資格取得となります。

 

講座の特徴と内容

同カレッジのつくば国際ペット専門学校(通学講座)の現役講師が講師を兼任し、同一のテキストを使用しているところが特徴です。

 

学習内容は、停座、伏臥、休止、招呼など6つの服従項目の必要性とポイントから、包帯・投薬方法/クレートトレーニング・車への馴致・基礎栄養学、健康管理と予防、疾病予防、応急処置、止血、熱中症、低体温症、誤飲・誤食、感電、ショック、心肺蘇生法、上手な投薬などを段階的に学んでいきます。 

 

タイトルだけ見るとものものしいですが、愛犬を病気や事故から守ったり、病気の兆候にいち早く気付いて診察を受けるなど、やみくもにペットをかわいがるだけでなく、ペットの心身に対する普段の注意力や観察力の大切さや、いざという時の対処法を学ぶもの。

 

標準的な受講期間は、3カ月です。学習方式は、テキストとDVDとなっています。受講料は40000円。

 

日本ケンネルカレッジの母体は、つくば国際ペット専門学校・つくば獣医診療センター・ドッグコミュニティサロン「ドッグコム」などを運営する株式会社わんわんランド。

 

資格取得後は、同社グループのバックアップによって、就職への道も開かれます。基本的に、学ぶ事柄は、ペットを飼っている人にとって、必要とされる事柄ばかりです。

 

介護のプロを目指す人だけでなく、飼い主として、愛犬の老後に対する心がまえとケアを学ぶまたとない機会となるだけでなく、飼い主の負担をも少なくするための講座となっています。