動物介護士として就職するには?

資格取得の勉強と併行して、就職活動も積極的に行いましょう。

 

ペット介護士という分野を特定した求人は少ないものの、ペットシッターやペットの世話、動物病院スタッフという分野で調べるとスムーズに求人記事を見つけることが出来ます。

 

専門施設で働く

動物介護の仕事に従事するには、老犬ホームや終生飼育施設などがあげられます。

 

まだまだ軒数の少ない事業ではありますが、大手企業の運営する施設から、個人経営で自宅開業の施設などがあります。

 

ペット関連の仕事は、春の一斉採用という方法が少なく、常時求人を行っている場合が多くみられます。

 

まずは自身で施設の見学を行い、求人の問い合わせを積極的に行いましょう。

 

人員の入れ替わり、サービスの拡充などで、不定期に求人が出る場合もあるので、問い合わせ時には求人が出て居ない場合でも、求人再開の際には声を掛けてもらえるように履歴書を預けておくのもいいいでしょう。

 

ペットシッターとして働く

ペットシッターサービスの一環として介護を引き受けているケースが最近は非常に多くみうけられます。

 

ペットシッター団体やフランチャイズ展開をしているペットシッター企業、個人経営のペットシッターの方への見習いなどの方法でまずは、仕事の現場を体験してみるのもいいでしょう。

 

見習いとして十分な経験を積み、仕事のノウハウを身につけたのちには、個人で独立し、介護に重点をおいて訪問サービスの開業もよいでしょう。

 

動物病院で働く

高齢犬、術後のリハビリなどにペット介護士を必要とする飼い主と直接対話が出来るのは動物病院でしょう。

 

病院によっては、介護士の派遣や往診を行っている場合もあります。

 

動物病院は小規模、個人経営の場合が多く、大々的な求人はあまり掲載されませんから、自身で積極的に問い合わせをし、就職活動を行いましょう。

 

また1つの病院に専属で勤務する方法以外にも、いくつかの動物病院と提携介護士として契約を結び、顧客の紹介を受けるという方法も介護士としての働き方の一つとして考えてみてもいいでしょう。