動物介護士|仕事の適正はある?

ペットに携わる仕事には、トリマー、トレーナー、ペットショップ販売員、看護師と様々ある中で、

 

「自分にはどんな仕事が向いているのか?」
「動物介護士に向いているのか?」

 

と、考える方も多いのではないでしょうか。

 

動物介護士にはどんな人が向いているのでしょうか?

 

必要なことは知識よりも経験

動物を介護するうえで、必要なこと、それは知識よりも経験です。専門学校に通って学んでいた、動物が大好き、犬を飼っていたことがあるというだけでは、介護士としての経験としてはまだまだ不足しています。

 

必要なことは、出来る限り多くの動物を見て、触れて、世話をして、健康な状態、そうでない状態の異変を察知できることです。

 

まずは、健康な時、動物たちはどのくらい元気に動き回るのか、どのくらい食事をするのか、どんな生活リズムで暮らしているのかをしっかりとお覚えましょう。

 

体力第一

言葉を離せない動物の介護をするということは、とにかく体力が必要です。

 

自分の家で一緒に暮らしているペットではなく、お客様のペットをお世話するのですから、こちらの意図がうまく伝わらずに、手間取り、イライラしてしまうこともあるものです。

 

立ち上がって欲しいとき、抱っこされたままじっとしていて欲しい時、動物にそのことが伝わらずに、暴れてしまうこともあるでしょう。

 

また、お世話にかかる時間も長時間、不規則になる場合や、体調の急変等で予定していた時間をオーバーしてしまうこともあります。

 

ですから、体力は何より大切な要素といえるのです。

 

コミュニケーションも大切

介護をするうえで、日ごろの生活、今後のこと、病気の治療についてなど、様々場面で飼い主さんとたくさんお話をする必要があります。

 

こちらの知識や要望を伝えるより先に、まずは家族である飼い主さんの要望を聞き、動物の様子を教えてもらい、そしてどのような介護が出来るのかを提案することでよりよい形での介護をしてゆくことが大切なのです。