ジャパンドッグアカデミー『ドッグスペシャリスト養成学校』の特徴とは?

動物看護師、動物介護士、訓練士、シッターなど、動物に関するスペシャリストは多く存在します。

 

そんな動物に関するスペシャリストを目指す方々に最適な、ジャパンドッグアカデミーの「ドッグスペシャリスト養成学校」というものがあります。

 

こちらの学校の特徴はどのようなものなのか、ご説明します。

 

ドッグトレーナー&ドッグセラピスト

ジャパンドッグアカデミーのドッグスペシャリスト養成学校の、「ドッグスペシャリスト」とは、家庭のペット達のしつけ部分を担うドッグトレーナーと、ペットの心のケアに関する部分を担うドッグセラピストの両面を併せ持つスペシャリストを養成することを指しています。

 

動物行動学などを学んでしつけに関するスペシャリストとなり、心理学などを学び、心のケアを行うスペシャリストとなり・・・。まさに犬のスペシャリストとなれるのが特徴です。

 

ドックダンスやスピーチなど

こちらの学校では、ドックダンスを学べることも特徴として挙げられます。音楽に合わせて、犬に指示を出しつつ踊るというものです。

 

「ドッグスペシャリストはエンターテイナーであれ!」というジャパンドッグアカデミーの考えから、相手を引き込むことが出来るスピーチ力も学ぶことが出来ます。

 

自分のしつけの技術を、「見せる」「楽しませる」ことが出来る様な、そんなドッグスペシャリストになれるのです。このドックダンスは、他では学ぶことの出来ない特別なものです。

 

トレーニング方法ももちろん!

もちろんそれだけではなく、基礎となるトレーニングの方法もしっかりと学ぶことが出来ます。

 

伏せから歩きながらの指示なども学ぶことが出来、基礎から応用まで、幅広く身につけることが可能です。

 

自分のペースで学べる

ジャパンドッグアカデミーでは、働きながら学習したい方のために、学科は通信教育となっており、実技に関しては、好きな日時に予約を行うという方法がとられています。

 

スクーリングでは1日に2時間以上受講することも可能で、会場から遠い場合や、なかなか時間が取れない場合などにも、まとめて受講することが出来るため、とても助かります。

 

また、個人のトレーニングカルテが用意されているので、どの会場で受講しても良いということになっています。

 

インターン制度も!

しつけセミナーやドックセラピーの現場、そして、トレーニング授業のインターン制度が設けられています。いくら自身のトレーニング技術が高かったとしても、それを指導する技術が伴っていなければ無意味となってしまいます。

 

そのようなことにならないために、現場で働いているトレーナーのもとで、スタッフとして研修を行う事が出来ます。

 

個性をいかに出せるかという点も重要となってきますので、このような場で、多くの知識と技術を身につけたいところです。