日本ケンネルカレッジ『シニアドッグヘルパー講座』の特徴とは?

日本ケンネルカレッジには、「シニアドッグヘルパー講座」というものがあります。主に、老犬に対しての介護ケアの方法などが学べる講座となっています。

 

今後の日本では、とても需要が高くなるものですので、この講座を知っておいて損はありません。

 

ここでは、シニアドッグヘルパー講座の特徴に関してご説明します。

 

老犬の目線から

人間の介護には、「その人に合った介護サービスを提供し、その人らしく生活していただく」という基本的な考え方があります。

 

こちらの講座では、「老化症状が進んでも、その状況に適した環境を整えることで、今までどおり快適に過ごしてもらう」というような、老犬の目線から見た環境の改善を行えるような講座内容となっています。

 

人間の目線からではなく、老犬の目線からという点で、受講者に新たな発見をさせてくれるような、そんな講座であることが特徴です。

 

認知症は人間だけじゃない

人間だけではなく、ペット達も認知症になると言われています。

 

ただでさえ話すことが出来ないペット達が認知症になってしまったら、どのように対応すればいいのか、分からなくなってしまいます。ですが、こちらの講座では、認知症に関しても学ぶことが出来、いざという時にも正しい対応を行う事が出来る様になります。

 

寝たきりになった際の、排泄補助や寝返りなどの知識と技術を習得することが出来ます。

 

自宅の愛犬・愛猫はもちろん、悩んでいる飼い主さんにも適切なアドバイスが出来る様になることで、一人でも多くの飼い主さんの不安を取り除くことも可能となります。

 

専門学校の通信講座です

日本ケンネルカレッジの講座は、専門学校の通信講座ですので、テキストやDVDの内容なども、とても分かりやすいものとなっています。

 

母体がしっかりとしている講座であれば、安心感もありますし、サポート面も充実しています。質問のメールには、写真や映像を添付出来る様になっているので、文章では伝えづらいことも、しっかりと質問出来る様に配慮されています。

 

添削に関しても、専門学校で教壇に立つ講師に行っていただけるので、分かりやすくかつ身につきやすい指導を受ける事が出来ます。