動物介護士の講座ではどんな事を学ぶ?

動物介護士の資格は通信講座で取得することが出来るものが多いようです。

 

その学習内容は、ペットに携わる仕事をしている方、自宅でペットを飼っている方、これから介護士として活躍をしたいと考えている方それぞれにとって役立つ内容になっています。

 

動物についての基礎知識をみにつけよう

介護をするうえで、必要となる動物の健康に関する基礎知識を身につけます。年齢にあった運動法、食事の管理、生活サイクルなどに関する内容です。

 

特に、食事は健康を維持するうえでとても大切なポイントとなりますので、テキスト意外にも関連資料に目を通しておくことも必要です。

 

病気や応急処置、緩和ケアについて

介護をしている中、体調の変化は必ず起きるものです。そのようなときに、わずかな状態の変化でもすぐに気づき、迅速な処置をとれるように病気の兆候や症状、対処方法を覚えてゆきましょう。

 

言葉を持たない動物達ですが、日々接している中で、体調に変化があれば、何かしらのサインを出してくれるものです。飼い主さんと協力して、このサインを見逃さないように心がけてあげましょう。

 

快適な生活が送れるお手伝いが出来るように、

高齢になったり、怪我をしていたりという状況下では、トリミングショップやペットホテルの利用はできません。

 

ですが、爪切りやシャンプーなどの日常的なケアは必ず必要になるものですから、爪切りの方法、シャンプーの方法、簡単な部分カットの方法などの手法は身につけておく必要があります。

 

飼い主さんのお宅のお風呂場をお借りし、シャンプーをしてあげることで、より快適な生活を送ることが出来るようになるのですから。

 

また、病気療養中でも、気分転換を兼ねた散歩や外出も大切なものです。

 

体力、健康状態に合わせた適度な運動を飼い主さんにアドバイスできるように、健康管理の方法も身につけておきましょう。

 

おもに、動物介護士の学習では、飼い主さんにとってのよきアドヴァイザーになれるように、介護基礎についての学習が行われます。