動物介護士の魅力とは?

人間も動物(ペット)も共に高齢化している現代において、大切な家族とも言える動物・ペットを介護するという仕事は、とてもやりがいがあり、そしてとても大切な意味のある仕事だと言えます。

 

以下、仕事内容から見る魅力、やりがいなどをご説明します。

 

ペットは話せない

動物介護士の魅力の一つとして、ペットの気持ちを汲み取った介護を行うことが出来るということが挙げられます。

 

当然ながら、ペットは話すことが出来ません。

 

・こうしたい
・ここが不快
・あれが食べたい
・ここが痛い

 

などといった要求を、人間に伝えることが出来ません。

 

ペット達が伝えることが出来ないながらも、何かサインを出していたとしても飼い主さんがそれに気づけなければ、ペット達は無視されているも同然なのです。

 

もしこれが、重大な病気に繋がることだった場合、早期発見が出来なかったとなれば、飼い主の後悔は計り知れない上に、ペットも傷つきます。

 

動物介護士は、ペット介護における知識や技術を身につけて、ペットに快適な生活を送ってもらえるようにする仕事です。

 

これらの早期発見や、ペットの気持ちを汲み取った介護を行う事が出来るというのは動物介護士の素晴らしい魅力と言えます。

 

ペットにも個別ケアを!

動物介護士としてペット達に関わる際に、どのペットに対しても同じサービスを提供すれば良いという訳ではありません。

 

人間一人一人に必要な介護や病気の症状が違っているように、ペット達にも、それぞれに合った、異なったサービスが必要なのです。

 

・体位変換
・オムツ交換
・シャンプー/ブラッシング
・健康管理

 

これらのサービス一つをとってみても、全ペットに対して同じやり方をしていては、苦痛を与えてしまう場合もあります。人間の介護に、「個別ケア」という言葉があるように、ペットにも必要なものです。

 

ペットにも個別ケアを提供出来るような動物介護のスペシャリストとして介護が必要なペット達の力になれるというのは、動物介護士の素晴らしい魅力の一つです。

 

辛いことも・・・

介護が必要なペットに関わるということは、悲しい事に、ペットの「死」に直面する機会も増えるということです。誰かが大切に想うペット、又は、自分の大切なペットとの別れほど辛くて悲しいものはありません。

 

そんな中でも、楽しいと感じることも多くあります。例えば、介護していたペットの容態に少しでも変化があった際には、とても嬉しく、そして、動物介護士の仕事を楽しいと感じる事が出来るでしょう。

 

辛いことがある中でも、仕事にやりがいと楽しみを見出せるのも、動物介護士の魅力だと言えます。

 

飼い主との関わり

ペット介護において、関わりがあるのはペットだけではありません。その飼い主さんとの関わりもあります。飼い主さんは、動物介護士よりも、そのペットを良く知る人物です。

 

そのような方から、介護しているペットの話を聞くことで、自分自身気づくことの出来なかった新しい発見や、知識をつけることにも繋がります。

 

自分の仕事だけに捉われることなく、飼い主さんとの関わりを深めることで自分の知識と技術を磨き続けることが出来るのも、魅力の一つです。

 

このように、「誰かが大切に想うペットの苦痛を出来るだけ抑えながら介護が必要になってもそのペットらしく生活することが出来る様にお手伝いする」という、素晴らしい魅力を持った職が、動物介護士なのです。