物介護士の通信講座の種類はどれくらいある?

動物介護士の通信講座は、動物介護士を目指しながらも、スクールに通う時間のない人には、もってこいの講座と言えるでしょう。ペット関連施設への就活の際、動物介護士の資格は、一定の知識を保有しているアピールポイントになります。

 

ペットの飼い主としても、資格の取得は、ペットのケアの大切な知識を身につけるまたとない機会。ペットの身に異変が起こるたびに、理由なく一喜一憂する必要がなくなります。

 

代表的な通信講座

代表的なスクールと講座の概要をご紹介しましょう。

 

1)ヒューマンアカデミー・たのまな「動物介護士講座」
…動物看護学を基本とした動物介護、トレーニング学(しつけ)含む3冊のテキストと10巻のDVDで学習します。「小動物介護士」と併せて、「小動物看護士」「ドッグシッター」の3つのライセンスを取得でき、すべて在宅受験が可能です。標準受講期間:約4カ月。受講料:87000円(税込)。

 

2)キャリアカレッジジャパン「動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座」
…犬だけでなく、猫の介護ケアも学びます。「動物介護士」と併せて、動物介護施設を開設・運営するための「介護ホーム施設責任者」の資格が取得可能です。テキストを参考にしながら解答できる在宅試験が特色です。標準受講期間:4カ月。受講料:46000円。※ネット申し込みの場合の価格。

 

3)がくぶん「ペット介護士養成講座」
…犬と猫の健康についての基礎知識から、健康チェック、しつけ、グルーミングまでをテキストとDVDによって学習します。疑問や相談にはすべて回答してくれるサービスがあります。標準受講期間:6カ月。受講料:39900円。

 

実技が学べるスクーリング

4)日本ケンネルカレッジ「老犬介護士」
…テキストとDVDによって、老犬に特化したカリキュラムを学習する。同校では、カリキュラムを修了した有資格者に対し、任意参加の宿泊型スクーリングも行っています。

 

グループ企業の動物病院での臨床実習への参加が許され、獣医師や看護師の指導を受けるなどで、現場の雰囲気を体感することができます。
標準受講期間:約5カ月。受講料:70000円(税込)。※キャンペーン価格。

 

動物介護士の魅力とは?

動物介護士の仕事は、「いつからでも始められる」「動物が好きという想いがあれば、何歳からでも始められる」ことが一番の魅力です。

 

動物の仕事をしたいと思ったものの、専門学校も出ていない、資格もないとあきらめる必要はありません。

 

介護の資格は様々な形で取得することができますから、何歳からでも始めることができるのです。

 

介護士に必要なことの一つに飼い主さんとの共感性があげられます。

 

動物を家族のように大切に思うという気持ちを共有することが出来れば、だれでも、いつからでも介護士の仕事にチャレンジできるのです。

 

また長期で続けることも出来ます。ペットに携わる仕事といえば、トリマーが代表的ですが、実際に現役ではたらいているトリマーの平均年齢は、20代半ばです。20代後半になると、現役を離れ、個人で開業し経営者になったり、物販を主体にするケースも多いものです。

 

早ければ18〜20歳でトリマーとして就職し、下積みに2,3年を費やしますから、一人前と呼ばれるようになってから、わずか数年で大半のトリマーは現役を退いてしまうのです。

 

一体、どうしてでしょうか?

 

それは、体力的な原因、経済的な原因があげられます。

 

長時間立ったままで、ずっと手を動かすうえに、小型犬のカットとなれば、数mm単位の細かい作業が続きます。ですから、早期の離職が多いのです。

 

でも介護士の場合、仕事の範囲は幅広いものの、介護用品を活用することで、体力的な負担は軽減することが出来るうえに、過度の緊張を必要とするような細かい作業もありません。

 

介護を必要とする飼い主さんのニーズは、その家庭ごとに異なりますから、その都度新たなケースを経験することもできます。

 

また、介護の手法、食事の管理など、自信の努力次第で、介護を追求し、新たな知識や技術を習得し続けることも可能なのです。

 

トリマーや看護師の時には出来なかった、飼い主さんへのきめ細かなケアが介護士としてなら出来るという想いから、介護士へ転職するケースも増えてきています。