独学で動物介護士の資格を取得することはできる?

将来は、動物介護士の仕事に就きたいから、資格を取得したい。でも、今は、子育てや仕事で忙しくて、時間が取れない。経済的にも余裕がないし、ならばいっそ、独学で動物介護士の資格が取れないだろうか?

 

そんなことをお考えの方、少なくないのではないでしょうか。実は、独学では取得が不可能と言えるのが、動物介護士の資格です。

 

カリキュラム修了が資格取得の条件

現在、動物介護士は、国家資格などの公的資格ではなく、さまざまな団体や組織が認定する民間資格となっています。そして、資格を認定する団体や組織によって、一定の制限が設けられていることはご存じでしょうか。

 

資格認定への要件は、まず、それらの団体や組織が指定するスクールで、あらかじめ決められたカリキュラムを修了すること、となっています。修了によって、資格が認定されたり、資格試験の受験資格になるという状況があります。

 

従って、動物介護士の資格を取ろうと思ったら、まずは、団体が認定するスクールに入ることが、結局は資格取得への早道ということになります。

 

イレギュラーな方法

ペットの病気の治療をするのは獣医さんですが、命を扱う仕事です。そして、ドクターを介助する動物看護師にしても、老犬を介護する動物介護士にしても、同じように責任の重い仕事と言えます。

 

どうしても動物介護の仕事に就きたい、でも、経済的な理由などでスクールの受講は無理、という方におすすめは、「未経験者可」として動物介護のスタッフを募集するペットクリニックに就職することです。※そのようなクリニックも、少数ですがあります。

 

クリニックで、一から実地で仕事を覚えた上で、動物介護士の通信講座で学び、資格取得を目指すという方法です。

 

前出の状況では、カリキュラムの修了が資格取得の条件となっています。クリニックで実地を積み重ね、通信講座で基礎知識を補完しながら資格試験を受ける、それも1つの方法と言えるのではないでしょうか。