ペット介護士とは?

すでに10年あまり続くペットブーム、さらに、予防接種や医療の進歩、室内での飼育によって、20歳ちかくまで長生きするペットが、急激に増えています。伴って、加齢や病気などで介護が必要となるペットも増加しています。

 

「ペット介護士」の資格は、そんな社会を反映して、必要に迫られて誕生した資格とも言えるでしょう。

 

講座開設と資格認定

通信講座のがくぶんが開設した「ペット介護士養成講座」は、講座の運営から「ペット介護士」資格の認定まで、すべてがくぶんが行うことが大きな特徴です。

 

講座にはDVDコースとビデオコースから選ぶことができます。内容は、ペットを飼うための心がまえについての解説など、基本的なことから始まります。

 

以下、概要になります。

 

1.ペットの基礎知識と健康管理…身体の不調を迅速な見抜く。

 

2.ペットの真実の気持ちを理解する…“噛みつく、ひっかく、破壊行動”などの背景にあるペットの気持ちを理解してしつけに生かす。

 

3.DVDやビデオなどの教材によって、プロのテクニックを学ぶ…犬や猫の身体の特徴を正しく知る。

 

基礎知識に加え、マッサージやシャンプー、グルーミング、トレーニングの方法が網羅されています。

 

必ずしも、資格取得を仕事に生かしたい人のためばかりではなく、ペットのよりよい飼い主となるための知識がわかりやすく網羅されて、飼い主さんにとっても役立つ内容となっています。

 

標準的な受講期間は6カ月。そのかん、課題指導が6回にわたって受けることができ、カリキュラムの修了後、資格試験に合格することによって、がくぶんの「ペット介護士」資格の認定が行われます。

 

併せて、群馬県にあるドッグコミュニティパーク「世界の名犬牧場」(ドッグラン、グルーミングやエステルーム、ペットホテル、ドッグカフェなどを完備したテーマパーク)の認定を受けることができます。DVD/ビデオの両コースとも受講料は39900円。分割払いもあります。