動物介護士の求人状況はどうなの?

「動物介護士になりたいけど、求人はあるの?」と、不安な方もおられるでしょう。頑張って勉強して資格をとり、いざ就職をと思っても、求人が無くては始まりません。

 

では、動物介護士の求人状況はどのようになっているのか、見てみましょう。

 

どんな場所があるの?

動物介護士としての求人があるのは、

 

・ペットサロン
・動物病院
・老犬・老猫ホーム
・デイサービス
・訪問サービス

 

などがありますが、老犬・老猫ホームや、デイサービス、訪問サービスなどといったサービスに関しては、開始されたのが最近でもあることから、求人自体はあまり無いのが現状です。

 

また、求人があっても人気のためすぐに埋まってしまうということもありますので、求人情報はこまめにチェックしておいた方がいいとも言えます。

 

求人は多いの?

最近では、犬や猫達の認知症なども明らかになってきているため、動物介護士の需要が高まっていることは確かです。専門的な知識と技術を持っている人を求めているところは多くあるのですが、いざ求人を探すとなると、そう上手くはいかないのが現状です。

 

今は決して求人が多いとは言えませんが、今後多くの動物介護士が活躍すると言えますので、自ずと求人情報も増えてくるはずです。

 

近くにペット介護のサービスを行っている場所があれば、直接行ってみるのも有りです。また、多くの講座で、独立支援を行っているため、独立して開業するという手もあります。

 

どのような方法で求人を探して仕事をするにしても、ペット達が心地よく過ごせる場を提供できるようにすることを最優先で考える事が大切です。

 

別の職場で考えてみる

動物介護士として働きたいという気持ちはもちろん譲れません。ですが、必ずしもそこにこだわらなくても、動物介護士になるために学んだ分野を活かす職業というのを考えてみるのも手です。

 

例えば、グルーミングなどの知識と技術を学んだのであれば、ペットショップなどで活かすことが出来ますし、健康や病気など、ペット達の身体に関することを学んだのであれば、ドッグカフェやトレーニング施設などでの就職も考えられます。

 

このように、動物介護士としてという事が難しいと感じる場合には、求人が出るまで、学んだ知識や技術を忘れることがないよう、別の職場でそれを活かすということも、素晴らしいことなのではないでしょうか。