動物介護士になるには、どんな資格が必要なの?

民間資格です

動物介護士の資格は、民間団体の認定する資格です。

 

各団体の所定のカリキュラムを完了することで、認定を受け、資格取得となります。

 

取得に関する年齢制限や学歴などの諸条件はありませんので、だれでも取得が可能なのです。

 

ですが、民間資格ですから、各団体により、カリキュラムの内容、費用、期間は大きく異なっていますから、受講の際には、事前に資料請求を行い、内容をしっかりと比較検討することが大切です。

 

空き時間に取得できる

動物に関する資格として、トリマーや看護師資格と大きく異なる点は、実技実習がないことでしょう。

 

トリマーであれば、在学中に実技実習を重ねることが必須条件となりますし、看護師であれば、犬のほていの方法や注射の方法などの実技を身につけなければなりません。

 

でも動物介護士の資格の場合、実技実習が必須ではないということは、通信講座での取得が可能ということです。

 

つまりは、今は別の仕事をしている、学校に在学中ではあるものの、卒業後はペットの仕事をしてゆきたい、育児が落ち着いたらペットの仕事をしてみたいというように、熱意はあるものの、毎日の通学は難しいうえに、専門学校に入学するには費用面もネックになってしまうという問題が解消されるのです。

 

スキルアップにもおすすめです

今すでにペット関係の仕事についてはいるものの、今後、もっとペット特に高齢なペットのケアを充実できるようにし知識を身につけたいと思っている場合にも、通信講座で取得することが出来る、介護士の資格は魅力的でしょう。

 

トリマーとしてカットは出来るのであれば、高齢犬の体調管理についてより深い知識があれば飼い主さんへ様々なアドヴァイスもできるものです。

 

ペットホテルの従業員であれば、高齢犬の扱いや介護預かりという新たな分野のサービスも拡充できるのです。

 

自身のスキルアップにも、店舗のサービス拡充にも役立つ資格といえるでしょう。