動物介護士の資格概要

動物介護士とは、文字通り、知識・実技ともに、高齢となったペットたちの介護に携わる力がある、と認められた人に与えられる資格です。とはいえ、動物介護士は、国家資格のように、国内でただ1つの資格というわけではありません。

 

現在、数多くの関連団体や組織が認定する民間資格となっており、資格の呼称もそれぞれ異なっています。

 

例えば、「小動物介護士」の認定を行っているのは、一般社団法人 日本ペット技能検定協会。「老犬介護士」は、一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)。「動物介護士資格」は、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)。「ペット介護士」は、がくぶん。

 

さらには「介護士初級」を認定する一般社団法人 日本伴侶動物協会もありますし、他にも、さまざまな団体・組織による資格の認定が行われています。

 

認定団体の指定校で学ぶ

資格を取得するためには、一様に、前出の団体が指定するスクールの講座を受講し、定められたカリキュラムを修了することが必要となっています。

 

カリキュラムの修了によって、資格試験の受験が可能となるかたちで、試験への合格によって、資格の認定が行われます。前出の資格を例にとって、指定スクールをピックアップしましょう。

 

「小動物介護士」の認定団体が指定するスクールは、ヒューマンアカデミーの通信講座・たのまなの「動物介護士講座」です。

 

「老犬介護士」では、日本ケンネルカレッジの通信講座「老犬介護士養成専門講座」。「動物介護士資格」では、キャリアカレッジジャパンの通信講座「動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座」。

 

「ペット介護士」なら、こちらも通信講座のがくぶん「ペット介護士養成講座」を受講するかたちです。いずれも通信講座ですから、自宅学習によって、資格取得の機会がもてます。

 

通学講座では、「介護士初級」のカリキュラムを備えたペットビジネス学院PALがあります。