動物介護士の資格取得方法

ひと口に動物介護士と言っても、民間の団体や組織ごとの認定資格となっており、名称も、ペット介護士や動物介護士など様々です。

 

資格を取得しようと考えたら、これらの組織や団体が認定するスクールの講座を受講し、すべてのカリキュラムを修了することが一般的です。

 

スクールの概要

 

動物介護士関連の資格が取得できるスクールは、通学制・通信制の2種類です。

 

通学制では、ヤマザキ学園大学「動物看護コース」、総合学園ヒューマンアカデミー「動物看護・介護専攻」、ペットビジネス学院PAL「初級介護士養成講座」があります。

 

通信講座では、ヒューマンアカデミー たのまな「動物介護士講座」、がくぶん「ペット介護士養成講座」、キャリアカレッジジャパン「動物介護士&介護ホーム施設責任者 W資格取得講座」、日本ケンネルカレッジ「シニアドッグヘルパー講座」「老犬介護士養成講座」があります。

 

どちらかと言うと通信講座が多いのですが、中には、希望者には宿泊つきのスクーリングが実施されるなど、より実践的な講座を準備しているスクールもあります。

 

学習内容は、基礎栄養学・健康管理と疾病、事故の予防のポイント、包帯の使い方・上手な投薬方法・応急処置、止血、熱中症、低体温症、誤飲・誤食、感電、ショック、心肺蘇生法、etc.etc.…。ペットの介護のために必要不可欠な基礎知識が網羅されています。

 

資格取得後の進路

求人サイトを確認すると、ペットホテルやペットシッターの派遣会社で、動物介護士を条件とする求人も見つかりました。

 

ただ、ペットシッターは、独りで飼い主さん宅へ出向く職業として、熟練が要求されますから、資格取得後、さらに実地で経験を積む必要があるでしょう。

 

動物介護士の名称は、動物看護師と比較すると、まだまだ一般的ではありません。ですが、今後、ペットの高齢化社会において、資格の必要性がさらに認知されていくと、動物介護士の資格取得は、就活の際のアピールポイントとなると思われます。